現在の位置

Craftsmen's Inn KAJI  ~職人の町 三条で暮らすように過ごす~

ものづくりのまちとして古い歴史をもつ三条市。

まちなかの元町にある、Craftsmen's Inn KAJI(クラフトメンズ イン カジ)の意味は、

Craftsmen's (ものづくりをする人=職人)+Inn(旅館)+ KAJI(鍛冶)だそうです。

昔は文房具店だった古民家を改修したこの賃貸住宅は、玄関を入ると、土間があり、

壁一面に和釘、包丁、鉋・・・など、鍛冶技術による道具がお出迎えしてくれます。

管理人である川上さんに、インタビューをしてきました♪

Craftsmen's Inn KAJIってどんなところですか?

1棟1組のみのお客様にお貸しする賃貸住宅です。

築80年以上の古民家の町家(文房具店)を改修しました。

「うなぎの寝床」と呼ばれる間口が狭く奥行きが深い造りの、歴史を刻んだ美しい建物です。

快適な暮らしをお愉しみいただけます。

アトリエでの「ものづくりの時間」を楽しめます。

道具は実際に手に取って試してもらってもOKです。

ただし、怪我には注意してくださいね。

外国人の利用が多いんです。

利用者の90%が県外の方で、その半分が外国の方です。

外国の方は「ローカル(田舎)が見たい!」と言いますね。口コミを見ていらっしゃる方がほとんどです。「建物がステキ♪」とここに来ることを決めてから、周辺の観光情報を調べているようです。

もともとのコンセプトは「移住促進の推進」です。

「ものづくりのまちらしさや、ローカルな感じを知ってもらう。」

→「ものづくりのアトリエ」で作品をつくる。」

→「このまちのを好きになる。」

→「移住」

に繋がる・・・。こんなイメージで推進しています。

 

ちょこっとMEMO

管理人の川上さんは、英語講師と通訳案内士のお仕事もしています。KAJIに滞在する方の目的やニーズにあわせて、特別にほしい情報などを教えているそうです。

「インフォメーションセンターです。(笑)」と話されていましたが、外国の方にとっては、英語のできる川上さんの存在は、とっても嬉しく、これもまた口コミの点数が良い理由なのでしょう。

KAJIに滞在する外国の方は、欧米系の方が多いそうです。

「欧米系の方はオリエンタルな雰囲気を好みます。それと、トラディッショナルなこと…伝統美を好みます。まさに、ここのまちなみが、心を捉えるのでしょうね。」

KAJIの周辺は雰囲気がある小路がたくさん

外国の方にとって、異国のまちでのまちあるきは、ドキドキかつ、いろんな発見や出会いがあるのでしょう♪

みなさんにメッセージをお願いします!

職人の町、三条で暮らすように過ごすことができる施設です。

「Craftsmen's Inn KAJI」に滞在しながら、まちに流れる雰囲気を楽しんでください。

お待ちしております!

Craftsmen's Inn KAJIの情報はこちら

住所 三条市元町12-6
電話 0256-55-4178

自家用車・・・北陸自動車道 燕三条I.C.から5分

新幹線+電車・・・JR上越新幹線燕三条駅~弥彦線北三条駅下車で徒歩2分

★ご予約はホームページよりお願いします★

Craftsmen's Inn KAJIさんのホームページはこちら♪

こちらのサイトも注目♪ Kajito.net 三条・アジト案内

地図情報

ページトップへ

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話番号:0256-34-5511(内線735)
ファックス:0256-36-5111